経済学 (Economics)専攻トップ10大学入学情報と学費比較

ハーバード大学は経済学専攻ランキングで1位を占め、マサチューセッツ工科大学は続いて2位に上がりました。以下は、経済学専攻について説明します。(英語)
Economics is the social science that studies the behavior of individuals, groups, and organizations (called economic actors, players, or agents), when they manage or use scarce resources, which have alternative uses, to achieve desired ends. Agents are assumed to act rationally, have multiple desirable ends in sight, limited resources to obtain these ends, a set of stable preferences, a definite overall guiding objective, and the capability of making a choice. There exists an economic problem, subject to study by economic science, when a decision (choice) has to be made by one or more resource-controlling players to attain the best possible outcome under bounded rational conditions. In other words, resource-controlling agents must maximize value subject to the constraints imposed by the information the agents have, their cognitive limitations, and the finite amount of time they have to make and execute a decision. Economic science centers on the activities of the economic agents that comprise society. (read more at wiki)


合格率、卒業率、学生数、学生対教授の比率(経済学専攻の上位10大学)

1つの州立大学と9つの私立大学が経済学専攻トップ10にランク含まれました。経済学専攻上位大学の平均合格率は8.30%であり、ハーバード大学が5%の最も低い合格率を見せカリフォルニア大学バークレー校が17%で最も高い合格率を示しました。総211,191人の学生がこの大学のいずれかに通っており、カリフォルニア大学バークレー校が最も多い学生数(40,154人)を、プリンストン大学最も少ない学生数(8,181)を持つと調査された。経済学専攻上位大学の平均卒業率は94.80%であり、平均学生対教授の比率は7.40:1です。

次の表は、経済学専攻上位大学の合格率、卒業率などの重要な統計データを比較します。
経済学 (Economics)専攻トップ10大学の概要表
順位大学名 合格率卒業率学生数学生対教授の比率
1 ハーバード大学
Cambridge, MA
5%97%29,908名 7:1 (14.29 %)
1 マサチューセッツ工科大学
Cambridge, MA
8%93%11,376名 3:1 (33.33 %)
1 プリンストン大学
Princeton, NJ
7%97%8,181名 5:1 (20.00 %)
1 シカゴ大学
Chicago, IL
8%94%15,775名 6:1 (16.67 %)
5 スタンフォード大学
Stanford, CA
5%94%17,184名 10:1 (10.00 %)
5 カリフォルニア大学バークレー校
Berkeley, CA
17%92%40,154名 18:1 (5.56 %)
7 ノースウエスタン大学
Evanston, IL
11%94%21,823名 7:1 (14.29 %)
7 エール大学
New Haven, CT
6%98%12,458名 6:1 (16.67 %)
9 ペンシルベニア大学
Philadelphia, PA
9%95%24,960名 6:1 (16.67 %)
10 ニューヨーク市のコロンビア大学
New York, NY
7%94%29,372名 6:1 (16.67 %)
平均8.30%94.80%211,191名(総合) 7.40:1 (13.51 %)

経済学 (Economics)専攻トップ10大学、2018年の授業料と2019年予想授業料を比較

次の表とグラフは、経済学 (Economics)専攻トップ10大学の2017-2018年授業料と手数料を比較して、2018-2019年予測学費を示しています。2017-2018年金額は、米国教育省から正式に発表した資料に基づいており2018-2019年金額は、各大学の昨年の授業料引上げ率に基づいて計算された予測値です。

経済学専攻上位大学の学部平均授業料と手数料は$50,864です。ニューヨーク市のコロンビア大学が$57,208で最も高い授業料、カリフォルニア大学バークレー校が$42,184で最も低い授業料を示しました。大学院の平均授業料は$45,977で調査され、シカゴ大学が$57,000の最も高い大学院授業料、カリフォルニア大学バークレー校が$29,272で最も低い大学院の学費が必要とされていることが分かっている。
学部大学院
経済学 (Economics)専攻トップ10大学、2018年の学部の授業料と2019年予想授業料比較表
順位大学名 2018授業料と手数料2019授業料と手数料
In-StateOut-of-StateIn-StateOut-of-State
1ハーバード大学 $48,949$50,898
1マサチューセッツ工科大学 $49,892$51,374
1プリンストン大学 $47,140$49,054
1シカゴ大学 $56,034$59,816
5スタンフォード大学 $49,617$51,352
5カリフォルニア大学バークレー校 $14,170$42,184 $14,863$44,276
7ノースウエスタン大学 $52,678$54,566
7エール大学 $51,400$53,394
9ペンシルベニア大学 $53,534$55,687
10ニューヨーク市のコロンビア大学 $57,208$59,444
平均$14,170$50,864$14,863$52,987
経済学 (Economics)専攻トップ10大学、2018年大学院の授業料と2019年予想授業料比較表
順位大学名 2018授業料と手数料2019授業料と手数料
In-StateOut-of-StateIn-StateOut-of-State
1ハーバード大学 $45,958$47,587
1マサチューセッツ工科大学 $52,892$54,588
1プリンストン大学 $48,940$50,722
1シカゴ大学 $57,000$59,245
5スタンフォード大学 $47,940$47,940
5カリフォルニア大学バークレー校 $14,170$29,272 $14,863$29,948
7ノースウエスタン大学 $52,679$54,558
7エール大学 $41,000$42,236
9ペンシルベニア大学 $37,134$38,729
10ニューヨーク市のコロンビア大学 $46,956$48,401
平均$14,170$45,977$14,863$47,396

Share this

Related Posts

0 コメント

Write コメント