遺伝学/バイオインフォマティクス (Genetics / Genomics / Bioinformatics)専攻トップ10大学入学情報と学費比較

ハーバード大学は遺伝学/バイオインフォマティクス専攻ランキングで1位を占め、スタンフォード大学は続いて2位に上がりました。以下は、遺伝学/バイオインフォマティクス専攻について説明します。(英語)
Genetics,a discipline of biology, is the science of genes, heredity, and variation in living organisms.(read more at wiki)

Genomics is a discipline in genetics that applies recombinant DNA, DNA sequencing methods, and bioinformatics to sequence, assemble, and analyze the function and structure of genomes (the complete set of DNA within a single cell of an organism). The field includes efforts to determine the entire DNA sequence of organisms and fine-scale genetic mapping.(read more at wiki)

Bioinformatics is an interdisciplinary scientific field that develops methods for storing, retrieving, organizing and analyzing biological data. A major activity in bioinformatics is to develop software tools to generate useful biological knowledge. Bioinformatics is a distinct science from biological computation, the latter being a computer science and computer engineering subfield using bioengineering and biology to build biological computers, whereas bioinformatics simply uses computers to better understand biology.(read more at wiki)


合格率、卒業率、学生数、学生対教授の比率(遺伝学/バイオインフォマティクス専攻の上位10大学)

2つの州立大学と4つの私立大学が遺伝学/バイオインフォマティクス専攻トップ10にランク含まれました。遺伝学/バイオインフォマティクス専攻上位大学の平均合格率は16.17%であり、ハーバード大学が5%の最も低い合格率を見せワシントン大学(シアトル)が45%で最も高い合格率を示しました。総159,260人の学生がこの大学のいずれかに通っており、ワシントン大学(シアトル)が最も多い学生数(45,591人)を、マサチューセッツ工科大学最も少ない学生数(11,376)を持つと調査された。遺伝学/バイオインフォマティクス専攻上位大学の平均卒業率は92.33%であり、平均学生対教授の比率は10.50:1です。

次の表は、遺伝学/バイオインフォマティクス専攻上位大学の合格率、卒業率などの重要な統計データを比較します。
遺伝学/バイオインフォマティクス (Genetics / Genomics / Bioinformatics)専攻トップ10大学の概要表
順位大学名 合格率卒業率学生数学生対教授の比率
1 ハーバード大学
Cambridge, MA
5%97%29,908名 7:1 (14.29 %)
1 スタンフォード大学
Stanford, CA
5%94%17,184名 10:1 (10.00 %)
3 カリフォルニア大学バークレー校
Berkeley, CA
17%92%40,154名 18:1 (5.56 %)
3 ワシントン大学(シアトル)
Seattle, WA
45%84%45,591名 17:1 (5.88 %)
5 ワシントン大学(セントルイス)
Saint Louis, MO
17%94%15,047名 8:1 (12.50 %)
6 マサチューセッツ工科大学
Cambridge, MA
8%93%11,376名 3:1 (33.33 %)
平均16.17%92.33%159,260名(総合) 10.50:1 (9.52 %)

遺伝学/バイオインフォマティクス (Genetics / Genomics / Bioinformatics)専攻トップ10大学、2018年の授業料と2019年予想授業料を比較

次の表とグラフは、遺伝学/バイオインフォマティクス (Genetics / Genomics / Bioinformatics)専攻トップ10大学の2017-2018年授業料と手数料を比較して、2018-2019年予測学費を示しています。2017-2018年金額は、米国教育省から正式に発表した資料に基づいており2018-2019年金額は、各大学の昨年の授業料引上げ率に基づいて計算された予測値です。

遺伝学/バイオインフォマティクス専攻上位大学の学部平均授業料と手数料は$46,286です。ワシントン大学(セントルイス)が$51,533で最も高い授業料、ワシントン大学(シアトル)が$35,538で最も低い授業料を示しました。大学院の平均授業料は$42,568で調査され、マサチューセッツ工科大学が$52,892の最も高い大学院授業料、ワシントン大学(シアトル)が$28,320で最も低い大学院の学費が必要とされていることが分かっている。
学部大学院
遺伝学/バイオインフォマティクス (Genetics / Genomics / Bioinformatics)専攻トップ10大学、2018年の学部の授業料と2019年予想授業料比較表
順位大学名 2018授業料と手数料2019授業料と手数料
In-StateOut-of-StateIn-StateOut-of-State
1ハーバード大学 $48,949$50,898
1スタンフォード大学 $49,617$51,352
3カリフォルニア大学バークレー校 $14,170$42,184 $14,863$44,276
3ワシントン大学(シアトル) $10,974$35,538 $11,200$36,301
5ワシントン大学(セントルイス) $51,533$53,358
6マサチューセッツ工科大学 $49,892$51,374
平均$12,572$46,286$13,031$47,927
遺伝学/バイオインフォマティクス (Genetics / Genomics / Bioinformatics)専攻トップ10大学、2018年大学院の授業料と2019年予想授業料比較表
順位大学名 2018授業料と手数料2019授業料と手数料
In-StateOut-of-StateIn-StateOut-of-State
1ハーバード大学 $45,958$47,587
1スタンフォード大学 $47,940$47,940
3カリフォルニア大学バークレー校 $14,170$29,272 $14,863$29,948
3ワシントン大学(シアトル) $16,272$28,320 $16,278$28,326
5ワシントン大学(セントルイス) $51,025$52,831
6マサチューセッツ工科大学 $52,892$54,588
平均$15,221$42,568$15,571$43,537

Share this

Related Posts

0 コメント

Write コメント