代数/整数論/代数幾何学 (Algebra / Number Theory / Algebraic Geometry)専攻トップ10大学入学情報と学費比較

ハーバード大学は代数/整数論/代数幾何学専攻ランキングで1位を占め、プリンストン大学は続いて2位に上がりました。以下は、代数/整数論/代数幾何学専攻について説明します。(英語)
Algebra is one of the broad parts of mathematics, together with number theory, geometry and analysis. As such, it includes everything from elementary equation solving to the study of abstractions such as groups, rings, and fields. The more basic parts of algebra are called elementary algebra, the more abstract parts are called abstract algebra or modern algebra. Elementary algebra is essential for any study of mathematics, science, or engineering, as well as such applications as medicine and economics.
Number theory (or arithmetic) is a branch of pure mathematics devoted primarily to the study of the integers, sometimes called "The Queen of Mathematics" because of its foundational place in the discipline. Number theorists study prime numbers as well as the properties of objects made out of integers or defined as generalizations of the integers.
Algebraic geometry is a branch of mathematics, classically studying zeros of polynomial equations. Modern algebraic geometry is based on more abstract techniques of abstract algebra, especially commutative algebra, with the language and the problems of geometry.[read more at Algebra, Number Theory, Algebraic Geometry wiki pages ]


合格率、卒業率、学生数、学生対教授の比率(代数/整数論/代数幾何学専攻の上位10大学)

3つの州立大学と7つの私立大学が代数/整数論/代数幾何学専攻トップ10にランク含まれました。代数/整数論/代数幾何学専攻上位大学の平均合格率は11.00%であり、ハーバード大学が5%の最も低い合格率を見せのミシガン大学、アナーバーが29%で最も高い合格率を示しました。総252,674人の学生がこの大学のいずれかに通っており、のミシガン大学、アナーバーが最も多い学生数(44,718人)を、プリンストン大学最も少ない学生数(8,181)を持つと調査された。代数/整数論/代数幾何学専攻上位大学の平均卒業率は94.10%であり、平均学生対教授の比率は9.00:1です。

次の表は、代数/整数論/代数幾何学専攻上位大学の合格率、卒業率などの重要な統計データを比較します。
代数/整数論/代数幾何学 (Algebra / Number Theory / Algebraic Geometry)専攻トップ10大学の概要表
順位大学名 合格率卒業率学生数学生対教授の比率
1 ハーバード大学
Cambridge, MA
5%97%29,908名 7:1 (14.29 %)
2 プリンストン大学
Princeton, NJ
7%97%8,181名 5:1 (20.00 %)
3 カリフォルニア大学バークレー校
Berkeley, CA
17%92%40,154名 18:1 (5.56 %)
4 シカゴ大学
Chicago, IL
8%94%15,775名 6:1 (16.67 %)
5 マサチューセッツ工科大学
Cambridge, MA
8%93%11,376名 3:1 (33.33 %)
5 カリフォルニア大学ロサンゼルス校
Los Angeles, CA
18%91%43,548名 17:1 (5.88 %)
7 スタンフォード大学
Stanford, CA
5%94%17,184名 10:1 (10.00 %)
8 のミシガン大学、アナーバー
Ann Arbor, MI
29%91%44,718名 12:1 (8.33 %)
9 ニューヨーク市のコロンビア大学
New York, NY
7%94%29,372名 6:1 (16.67 %)
10 エール大学
New Haven, CT
6%98%12,458名 6:1 (16.67 %)
平均11.00%94.10%252,674名(総合) 9.00:1 (11.11 %)

代数/整数論/代数幾何学 (Algebra / Number Theory / Algebraic Geometry)専攻トップ10大学、2018年の授業料と2019年予想授業料を比較

次の表とグラフは、代数/整数論/代数幾何学 (Algebra / Number Theory / Algebraic Geometry)専攻トップ10大学の2017-2018年授業料と手数料を比較して、2018-2019年予測学費を示しています。2017-2018年金額は、米国教育省から正式に発表した資料に基づいており2018-2019年金額は、各大学の昨年の授業料引上げ率に基づいて計算された予測値です。

代数/整数論/代数幾何学専攻上位大学の学部平均授業料と手数料は$49,118です。ニューヨーク市のコロンビア大学が$57,208で最も高い授業料、カリフォルニア大学ロサンゼルス校が$41,275で最も低い授業料を示しました。大学院の平均授業料は$44,355で調査され、シカゴ大学が$57,000の最も高い大学院授業料、カリフォルニア大学ロサンゼルス校が$28,105で最も低い大学院の学費が必要とされていることが分かっている。
学部大学院
代数/整数論/代数幾何学 (Algebra / Number Theory / Algebraic Geometry)専攻トップ10大学、2018年の学部の授業料と2019年予想授業料比較表
順位大学名 2018授業料と手数料2019授業料と手数料
In-StateOut-of-StateIn-StateOut-of-State
1ハーバード大学 $48,949$50,898
2プリンストン大学 $47,140$49,054
3カリフォルニア大学バークレー校 $14,170$42,184 $14,863$44,276
4シカゴ大学 $56,034$59,816
5マサチューセッツ工科大学 $49,892$51,374
5カリフォルニア大学ロサンゼルス校 $13,261$41,275 $13,611$43,019
7スタンフォード大学 $49,617$51,352
8のミシガン大学、アナーバー $14,826$47,476 $14,357$47,953
9ニューヨーク市のコロンビア大学 $57,208$59,444
10エール大学 $51,400$53,394
平均$14,086$49,118$14,277$51,058
代数/整数論/代数幾何学 (Algebra / Number Theory / Algebraic Geometry)専攻トップ10大学、2018年大学院の授業料と2019年予想授業料比較表
順位大学名 2018授業料と手数料2019授業料と手数料
In-StateOut-of-StateIn-StateOut-of-State
1ハーバード大学 $45,958$47,587
2プリンストン大学 $48,940$50,722
3カリフォルニア大学バークレー校 $14,170$29,272 $14,863$29,948
4シカゴ大学 $57,000$59,245
5マサチューセッツ工科大学 $52,892$54,588
5カリフォルニア大学ロサンゼルス校 $13,003$28,105 $13,331$28,429
7スタンフォード大学 $47,940$47,940
8のミシガン大学、アナーバー $22,696$45,484 $23,635$47,369
9ニューヨーク市のコロンビア大学 $46,956$48,401
10エール大学 $41,000$42,236
平均$16,623$44,355$17,277$45,647

Share this

Related Posts

0 コメント

Write コメント